住まいの今と未来をつたえる

特集

【おふみの相談室】捨てたいけれど捨てられない服を整理するには

2018.10.29


捨てられない服で収納がパンパンになってしまい、すっきりさせたいけどなかなかできない収納にうんざり……という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。体型や年齢の変化で着られないけれど、いつかやせたら、子どもに譲れたらと思うとなかなか捨てられない。こういった悩みはどう解決したらいいのでしょう。ミニマリストおふみさんによる「おふみの相談室」第一回目はクローゼットをすっきりさせたい方からの相談です。

服を捨てたいけれど捨てられない

はじめまして。以前よりブログ楽しみに読ませてもらっています。
私は物を溜め込みやすい性格で、でも部屋をすっきりさせたくて物を捨てて綺麗にしたいと思っていますが、なかなか捨てることが難しいです。
特に、服が捨てれません。穴が開いたりしても人から見えないところなら捨ててません。クローゼットが大きいので、大量の着ていない服もなんとか収まっていますが見るたびに、すっきりさせたいのにできないとうんざりしています。
私は体重の変動がけっこう大きくて、今はきつくて履けないパンツも大量にありますが、またやせた時のためにととってあります。太ったので着れないスカートやTシャツなども、いつか子どもが着るかもとか思ってとってあります。メルカリとかで売るのもトラブルが怖いのと面倒で、でも古着屋さんだと良くて10円くらいにしかならないので、それなら持っていようかと思ってしまいます。
どうしたら服をすっきり整理できるでしょうか?
アドバイス頂けますと助かります。
よろしくお願い致します。

Mさんより(ご質問一部抜粋)

==

ご相談いただきありがとうございます。
わたしもかつては大量の服に囲まれていました。
一軒家に住んでいたころは収納が豊富で、クローゼットが満杯になるまで服を吊るし、ベッドの下のふたつの引き出しにも服を詰め、和室の押し入れにもプラスチックの収納ケース満杯の服・服・服。さらには、それだけ収納があっても収まり切らず洗濯後どこにしまっていいかわからない服がソファの上にまで服が溢れていたほどです。
そしてそのほとんどが、フリマやリサイクルショップで「安くてかわいいから」という理由だけで買ったものばかりでした。

>>クローゼットが大きいので、大量の着ていない服もなんとか収まっていますが見るたびに、すっきりさせたいのにできないとうんざりしています。

ああ、本当にわかります。
見るたびに「本当はもっとすっきりさせたいのに」と小さなストレスが溜まってしまうんですよね。
過去の自分をそっくりそのまま思い出します。

>>どうしたら服をすっきり整理できるでしょうか?

とありますが、きっとMさんの中で無意識的に答えに辿りついていると思います。
ご質問の中に答えが隠れています。

今着られない服は数年経っても着られない

>>私は体重の変動がけっこう大きくて、今はきつくて履けないパンツも大量にありますが、またやせた時のためにととってあります。

この、「今は着られない服」を全て手放すことをおすすめします。
まず、最後にこれらの服に袖を通したのはいつだったか思い出してみてください。
何年か前なのではないでしょうか?
数年で流行は移り変わります。今、同じデザイン・色の服が今の自分にぴったりのサイズでお店に売ってあったとして、もう一度買いたいと思うでしょうか。他の服が欲しいと思うのではないでしょうか。数年経っていると、色あせていたり、形が流行や今の自分の気分と合わなかったりするものです。やせてもう一度着られる状態になったとしても、クローゼットに残しておいた服を着たいと思わない可能性もあるのではないでしょうか。
ここで一つルールを決めてみませんか?
2年着ていないものを一度ピックアップしてみてください。
それらを全て手放すのです。
ここで「手放したくない」と思ったものは、明日着てみてください。鏡の前で合わせてみてピンとこなくて結局着なかったなら今後も着ないでしょうから、思い切って手放してしまいましょう。ここで実際に着ることができたならクローゼットに戻しても構いません。

ところで、ダイエットってとても大変な作業ですよね。
毎日継続的に続けないといけないし、忍耐力も体力も必要です。
目標の体重に達するのはとても素晴らしいことです。
そんなことを達成した暁には、もっともっと自分を褒めちぎってあげていいのではないでしょうか。
大変な努力をしてやせた暁に、経年劣化で生地も傷んで、色も褪せて、形もいくらか古くなってしまった数年前の服を着る必要はないと思います。
いつかやせた時に着る服は、ご褒美としてとびきり好きなものを買っていいと決めるのはいかがでしょうか?清水の舞台から飛び降りる…ほどでなくても、普段なら買わないなと思う価格帯のもの…普段の1.5倍くらいの価格の、ものすごく好きな服を上下1セットくらい揃えてもいいことにしませんか。
いつかやせた日にはとびきり好きな服を買うと思えば、今クローゼットを占めている着られない服は手放してもいいかな…?なんて、思えるのではないでしょうか。
もしちらりとでもそう思ったなら、この勢いのまま整理してみましょう。
クローゼットの中身は、今着られるものだけ残すことをおすすめします。
やせなければ着られない服は今このクローゼットに保管し続けても誰の体にもまとわれることなく、タンスの肥やしになるだけです。
それなら、今の自分を魅力的に見せてくれる服がクローゼットに並んでいた方がいいと思いませんか?今にフォーカスして服を選んでみてください。

>>太ったので着れないスカートやTシャツなども、いつか子どもが着るかもとか思ってとってあります。

これに関しては、お子さんが今おいくつかわからないのですが、お子さんが大きくなる頃にはさらに流行が変わっていて、着てもらえる可能性は低いのではないかと予想されます。同じような服の流行が再び巡ってきたとしても、シルエットやデザインが違っているのが常。リバイバルで過去のものを着ても古く見えてしまいます。服は第二の皮膚とも言われるほど、好きな服を着るのは本人にとってアイデンティティに関わる大事な事柄。
好きな服を着てもらうのが第一ですし、古着好きになったとしても古着屋さんで発掘して楽しむのではないでしょうか。お母さんのクローゼットを発掘する楽しみもあるとは思いつつ、残した服の全てを着てもらえるとは思えません。そして悲しいことに経年劣化もしてしまいます。

そしてこれは一つの提案なのですが…
お子さんの年齢によりますが、もしお子さんがもう既に好きなもの・嫌いなものを選別することができる年齢であれば、「この中で将来着たい服はある?」と聞いてみて、上下合わせて5着くらい選んでもらってみてはどうでしょうか。それ以外は潔く手放してしまいましょう。

服の手放し方は合ったものを選ぼう

次に、服をどうやって手放すかについて。

>>メルカリとかで売るのもトラブルが怖いのと面倒で、でも古着屋さんだと良くて10円くらいにしかならないので、それなら持っていようかと思ってしまいます。

わたしも同じことを考えたことがあるので、とても気持ちが分かります。というのも、わたしはメルカリなどのフリマアプリに出品したことがありません。メッセージのやり取りをしたり、入金の確認をしたり発送したりといった迅速な対応をできる気がしないのです。それこそLINEの返事を5日後に返したり、入金の確認を一週間後にするような有様なので、CtoCの取引はご迷惑をかける予感しかありません。
メルカリなのどフリマアプリは、出品できる性質を備えた人が出品すればいいと思うのです。無理に文明の利器やシステムに自分を合わせる必要はないと思っています。その人個人の必要や適性や必要性に応じて選び取ればいいのです。

古着屋さんだと良くて10円にしかならない…これもよくあることですね。
ただ、これに関しては経験から、アイロンをかけてきれいに畳んで、きれいな入れ物に入れてうやうやしく持ち込むと少し評価金額が上がるのではないかと踏んでいます。(夫がそのようにして持ち込み、買取金額が思ったより高かったのです。)

ここでひとつ、ものを手放す時にお金になることを考えるのはもうやめましょう。
そもそも、使っていないものを手放せたらスペースが生まれるので、その時点で大きなプラスなのです。捨てても売っても譲っても、要らないものを手放せたらそれだけでプラスです。ただ、せっかくなら買い取ってもらえたり、有効活用してもらえたらさらに嬉しい、ということで手放し方を検討しているだけなのです。
燃えるゴミに出せば灰になって、ゴミを出すにもゴミ袋の容量を食うのでまあお金をかけて処分をしてもらうわけです。それを買い取りに出して10円で売れたなら、マイナスでなくプラスで引き取ってもらえているので、それだけでオールオーケー。あるいは寄付してどこかで有効活用してもらえたなら、ただ捨てるよりもプラスなのです。それらの全てが面倒に感じたなら、もちろん捨てたって構わないのです。スペースを生み出すことが目的なので。もう不要だと思っているものを部屋の中に保管しつづけるより、ずっとプラスです。

ここで、私の場合は不要な服をどのようにして手放しているかについてご説明します。



上にいくほど買取価格が高くなり、下にいくほど低くなります。


まず、フリマアプリ。こちらはCtoCなので最も高い金額になる可能性が高いです。また、ユニクロなどのファストファッションやノーブランド品は、リサイクルショップなどであれば数円〜数十円の買取価格になることが多いと思いますが(※状態や商品によります)、フリマアプリであれば一定の値段で買い取ってもらえる可能性があります。
しかし、写真を撮影して情報を入力して出品しなければならず、買い手と連絡をとったり、発送も自分でしなければなりませんので、それが億劫だと感じる人には向いていません。私は上記の全てが億劫に感じてしまい、いつかいつかと思いながら結局買取に出せない未来が見えるので、フリマアプリで出品したことがありません。高値で買い取ってもらえるのでメリットも大きいのですが、向き不向きがあるので向いている人が使えばいいと割り切っています。

次にブランド買取。ブランディアなどが有名ですね。

少しでも価値がありそうなブランドのものは、わたしは古着買取サービスを利用しています。いつも使っているのは「フクウロ」です。
買取査定が無料で、ダンボールがなくても無料で宅配キットを届けてくれます。宅配買取なのでヤマトが自宅まで引き取りに来てくれて、重い荷物を持って持ち込む必要がありません。引き取り送料も無料です。数千円になればいいなんて希望ははなから抱きません。別にいくらになってもいいのです。プラマイでマイナスにならず、次の誰かに使ってもらえたなら御の字です。ちなみに、定価5,000円以下の商品や、ノーブランド、ファストファッションは買取不可ですが、もし買取金額を確認後にやっぱり売りたくないとなっても、返送料無料です。私は重い荷物を持って店頭に持ち込むことを考えると億劫なので、よく利用しています。

次にリサイクルショップ。


こちらのメリットは、ノーブランドもファストファッションももちろんブランド品も買い取ってもらえること。値段がつかなかったとしても引き取りしてもらえることがほとんどです。引っ越し前など、期限が迫っている中で一気にものを手放したい時などに、メーカーブランド問わず一度にものを手放せるので便利です。店舗まで持ち込む必要があるので、荷物が多い場合は重いので大変ですね。車を所持していたときは頻繁に利用していましたが、移動手段が徒歩・電車がメインになってからはあまり利用しなくなりました。


他には、古着の寄付という方法もあります。
ゴミになるくらいなら、どこかで活用してもらえた方がいいですよね。
ユニクロ・ジーユーでは全商品リサイクル活動をされています。ユニクロ・ジーユーのすべての商品が対象で、着られる服はリユースできるように、難民キャンプや被災地への緊急災害支援など世界中の服を必要としている人たちに届けているそう。また着られない服も工業用繊維などに役立てているようです。
全国の店舗に回収用リサイクルBOXが設置されています。注意点は、洗濯の上持ち込むことと貴重品が入らないようにすることだけなので手軽に寄付ができますねhttps://www.uniqlo.com/jp/sustainability/recycle/

この他に、私はまだ利用したことがないのですが気になっている手放し方があります。
それは、委託販売です。
お店に服を委託させてもらって店舗に置いてもらい、売上額の何割かをもらうというシステムです。委託料がかかります。
ファストファッション以上ブランド品未満の価格帯のもの(定価数千円〜2万円くらい)を売るのに適しているようです。
「Catona(カトナ)」女性限定の委託販売。宅配で送れて送料無料。販売価格は自分で決めるか、専任スタッフに任せるかを選べます。
「RECLO」こちらは男性・女性どちらの商品も取り扱いがあります。委託販売か買取かを選べます。いずれの場合も、販売価格はRECLO側が決めるようです。集荷を依頼と宅配キットお届けを選べるのが特徴。集荷の場合は洋服を玄関先に用意しておけば、宅配ドライバーが空箱を持って集荷に来てくれるので入れて送るだけなので便利ですね。
宅配キットの場合は、自分で梱包して集荷を依頼するか宅配業者の営業所に持ち込みする形になります。委託販売は私も近いうちに試してみようと考えています。

今回のまとめ

まとめると
1.「今」着られない服は基本的に手放しましょう。
1-1.提案:2年着ていないものを全て出して手放すと決める。手放したくないと思ったら明日着る。ピンとこなくて結局着なかった場合は手放す。着ることができたら残す。
1-2.提案:将来的にやせたら、その時にご褒美として服を買うことにしてはどうでしょう?
1-3.提案:お子さんがいつか着るかも、というものはお子さんに将来着たい服を数着選んでもらってはどうでしょう?

2.服の手放し方
 2-1.出品・連絡・発送が億劫に感じないようであれば、最も高い買取価格が見込めるフリマアプリを使ってみましょう。
 2-2.ブランド品はブランド宅配買取を使ってみるのがおすすめ。
 2-3.ノーブランドやファストファッションを含め、一気に手放したい時はリサイクルショップがおすすめ。
 2-4.ユニクロやジーユーの服をたくさんお持ちでなおかつ有効活用してもらいたい場合は、寄付も選択肢に入れてみては。もしくは別の団体への寄付という選択肢もあります。
2-5.その他、委託販売という方法もあり。ファストファッション以上ブランド品未満の価格帯のものがそれなりの高価格で売れる可能性あり。

「手放す時にプラマイでマイナスにならなければラッキー」
「たとえ最終的に燃えるゴミとして出すことになっても、クローゼットにスペースが生まれるので結果的にプラス。死蔵品を持ってスペースも占拠して見るたびにもやもやストレスを抱える方がずっとマイナス」

ということを頭の片隅において、クローゼットを見直してみてください。
そして、不要なものを手放してスペースができると、今の自分にもっともっとしっくりくる、すてきな服がやってきます。
スペースができると、すてきなものと出会う機会が増える、そういう法則があるのではないかと思うくらい、捨てるといいものに出会えるのです。
2軍、3軍の服をごそっと手放して、1軍のお気に入りを少数精鋭で揃えれば、クローゼットを覗くたびに嬉しくなります。

すっきりした空間というのは、それだけで人の心にさわやかなものを与えてくれますよ。
Mさんのクローゼットがすっきりして、扉を開けるたびにうきうきする空間になりますよう、少しでも参考になる部分があればうれしく思います。


おふみさんへ相談をしたいかたはこちらよりご応募ください。
皆様のご応募お待ちしております。

タグ TAG