住まいの今と未来をつたえる

特集

家の中で快適に過ごすにはどうしたらいい?【ミニマリストおふみの相談室】

2020.05.11


家にいる時間が長くなると、家の中が自然と散らかりやすくなったと感じませんか。外出が制限されている中で、家の中が散らかっているとストレスがさらに溜まってしまいます。今回は散らかりやすい家の中にいなければならないことにストレスを感じている方からのお悩みです。普段から自宅で仕事をすることが多いミニマリストのおふみさんは、家を快適に過ごせる空間にするためにどのようなことに気を付けているのでしょうか。

<ご相談内容>
感染症予防の外出自粛要請により、家にいる時間が長くなりましたが
家にいる時間が長いと家の中が散らかりやすいですし
休みの日も長時間外出することができないので散らかった家の中にいるとストレスが溜まります。
おふみさんは在宅勤務で今は外出も控えられていると思うのですが
どのように快適な環境を保っていますか。

ご相談のメッセージありがとうございます。

>感染症予防の外出自粛要請により、家にいる時間が長くなりましたが
>家にいる時間が長いと家の中が散らかりやすいですし

家にいる時間が長いと、家の中が散らかりやすくなりますよね。しかし、それを逆手にとってすっきりした部屋にすることもできます。家にいる時間が長いから片付けをする時間を長くつくれるのです。

通勤がなくなって浮いた時間を片付けや家事に回せる

ご相談を送ってくださった方は、これまで会社など外でお仕事をされていましたか?もしそうでしたら、通勤時間はどれくらいでしたか?女性の方でしたら、身支度や化粧にどれくらい時間がかかっていましたか?

私の場合、会社員時代は支度に早くて30分、遅くて1時間かかっていました。通勤は車だったので往復30分といったところでした。冬はほぼ毎朝、家の駐車場を雪かきしてからでないと車を発進させられなかったので、出発の前にプラス30分はかかっていました。帰宅した時も、駐車場に積もった雪をかいてからでないと停められなかったので、ここでもプラス30分ですね。夏場で短くて1時間、冬場で長くて2時間半の時間を支度と通勤に費やしていました。在宅勤務の場合、この時間が不要になります。

仮にカメラをオンにしてテレビ会議等で必要な場合も、実際に出社する時よりは化粧を軽めにするのではないでしょうか。化粧をしてくれるアプリや、外見を補正してくれるフィルターもあったりますし。(使用しているPCや、スマホで参加するかどうかなど使用環境で変わってくるので、ご興味がありましたら一度調べてみてください。)この浮いた時間を部屋の片付けにあてれば、部屋をきれいに保つことができます。また、家で仕事をするとなると、集中力をいかに保つかが大事になってきます。視界をすっきりさせて、作業台であるテーブルの上を常に綺麗にしておくことで、集中力を保つことができます。部屋の片付けは、業務を円滑に遂行するために必要不可欠なものです。オフィスのデスクを片付けるのと同じように、部屋を片付けて環境を整えましょう。

片付け自体がストレス解消になる

>休みの日も長時間外出することができないので
>散らかった家の中にいるとストレスが溜まります。

これまで休日は外に出る派だった人も、家の中で過ごして乗り切らなければならないので、ストレスが溜まらないようにする工夫が必要ですよね。散らかった家の中にいるとストレスになるのであれば、それはもうやっぱり片付けるしかないと思うんですね。なおかつ、片付けることは、それ自体にストレス解消の効果があると実感しています。

在宅勤務で休日も家にいるとなると、体を動かす機会が減ります。片付けをすると体を動かすことができ、軽い運動になります。また、自分が手がけた場所がすっきりしてきれいになるので達成感があります。物を手放すことにハマる人ってよく見かけませんか?それはやっぱり片付け自体に一種の快感があるからだと思っています。過剰に減らすのは良くないですが、不要な物を手放すことで空いた空間に食料品をストックできたり、必要な物を必要な数だけ持つための手助けになることは間違いないです。どこに何があるかわからないような収納の仕方だと、いつまでも不安が消えないので、次々買い足してしまいがちです。例えば、食料品ストックは大事ですが、足の踏み場もないほど買い込むのは過剰と言えます。自分が家族の人数×何日分の食料品をストックしているのか、それがどこに仕舞われているのか把握することが大事です。ストックを把握することができていれば、「自分は1週間分の食料をローリングストックしており、食べて消費し残り3日分まで減ったので、また4日分買い足そう」など、理性的な買い物ができます。

必要な物を必要な数だけ買ってコントロールできるのが理想です。そのためにも、片付けをして適切な在庫管理をしたいところです。

快適な環境を保つための、毎朝のリセットルーティン

>おふみさんは在宅勤務で今は外出も控えられていると思うのですがどのように快適な環境を保っていますか。

生活することは、散らかすこととセットになっています。食事をしても、服を着ても、何をしても一旦散らかります。それを片付けて毎度「リセット」する必要があります。朝でも寝る前でもいいですが、1日のどこかに片付けする時間をルーティンとして組み込みましょう。これが3日に一回になると片付ける量が膨大になり、取り掛かるハードルが上がってしまいます。毎日こまめにちょこちょこ終わらせていった方が楽です。

私の場合は、朝起きて朝食を食べたらすぐに部屋の環境を整える時間を設けるようにしています。気軽に取り組むためのコツは、音楽の力と朝の力を借りることです。好きな音楽を流して歌いながら家事をすると気分が上がります。また、同じ作業でも夜やるよりも朝日を浴びながらの方が楽しく取り組めるので、朝に家事をするようにしています。リセットの具体的な内容としては、布団を畳んで、洗濯をして、テーブルの上や本箱の上を片付けて、掃除をして、洗い物をします。所要時間は30分程度です。

もし在宅ワークをされているなら、部屋の環境リセットをしてから仕事に取り掛かることで作業への集中具合が改善されるので、騙されたと思って試してみてください。

タグ TAG