住まいの今と未来をつたえる

ニュース&トピックス

家事分担の不満をフェアにする? 家事管理アプリ『Smuzoo(スムズー)』で家庭の家事をスムーズに

2019.02.01


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040551.html

結婚や出産後も男女ともに働く共働き世帯が年々増加していますが、家事や育児を専業主婦が一手に引き受けられる世帯よりも、夫婦共に働いている共働き世帯では特に家事の分担で不満が溜まりがち。毎日自分ばかり家事をやっていて少しも家事をしてくれない、という不満や、家事をしているのに認めてもらえない、といった不満など、仕事をしながら円満に家事を分担していくのはなかなか難しいですよね。そこで家事の分担を助けてくれる家事シェアアプリ『Smuzoo(スムズー)』を導入してみるのはいかがでしょうか。どの家事を誰がどのくらい進めたか可視化することができるので、家事分担を客観的かつ効率的に進められるようになるかもしれません。

男女の家事時間の差は?

共働き世帯に限らず家事の分担は各家庭によってさまざまかと思いますが、家事や育児時間の男女差はどの程度あるのでしょうか。総務省統計局が平成28年に行った社会生活基本調査によると、1日に家事関連(家事・育児・買い物など)に女性がかけている時間は週の平均で3時間28分間、男性で44分間なのだそう。平成23年の調査と比較すると女性は7分間の減少、男性は2分間の増加となっているものの、全体平均で見てみると男女で家事時間にかなりの差があることがわかります。こちらの調査は専業主婦世帯も含めた平均のため一概に共働き世帯でこれだけの時間差があるとは言えませんが、家事の分担がトラブルとなりやすいのはこの時間差が影響していると言えそうですね。


引用元:https://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/pdf/gaiyou2.pdf

男性の家事時間が増加傾向にあるとはいえ、まだまだ家事は女性が主体となって行うことが多いことが調査結果よりわかりましたが、いざ家事分担をしようとしても家事のやり方や使うものは家庭や人によって異なるもの。また、家事を分担できたとしてもやってほしいことが予定していたタイミングに終わっていなかったり、希望通りの方法になっていなかったりすると、新たなトラブルの火種になってしまいます。それでは、そんな家事分担を助けてくれる家事シェアアプリ『Smuzoo(スムズー)』とは、いったいどのようなアプリなのでしょうか。

家事シェアアプリ『Smuzoo(スムズー)』とは?

家事シェアアプリ『Smuzoo(スムズー)』とは、仕事のように可視化がされにくい家事を可視化することによって、タスク管理や進捗管理を行うことができるアプリなのだそう。主な機能と使い方は下記のとおりです。

1.家事の流れをカードで管理することができる


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040551.html

普段家事をやらない方だと、家事をしようとしてもどうやっていいかわからないもの。また、順番も人それぞれなので家事の手順まで共有できていると、トラブルを防ぐことができますよね。それを実現したのがこの家事カードです。登録されている家事が手順ごとにカードになっており、誰がどの手順までやったか管理することができるので、仮に他の人が途中から引き継いでもどの手順から引き継げばいいか明白ですし、途中まででも家事をやったことが視覚的にわかるので、家事を誰がどのくらいしているかという分担率のトラブルを防ぐことができるようになります。

2.今日やりたい家事を管理することができる


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040551.html

普段は夫婦のどちらか片方がメインで家事をしている家庭の場合、メインで家事をしていない人が家事をするとなると、どの家事を優先してやるべきか分からないですよね。そんなときに便利なのが、「今日やりたいカード」の機能です。あらかじめ今日やりたい家事を選んでおくと、その内容が他の人にも共有されるので、今日やらなければいけない家事やその進捗度がわかるのだそう。また、終わった家事カードに「いいね」を押せば終わったことが他の人に通知できる機能も実装予定とのことなので、家にいなくてもどの程度家事が進んでいるか共有することができます。家事についての情報が一つのアプリにまとまっているので、仮に相手に相談したくても仕事などで連絡が取れない状況下でも自分で調べられるのは、『Sumuzoo(スムズー)』ならではのメリットといえそうです。

3.達成度の確認ができる


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040551.html
定期的にやるものや毎日やるものなど種類が多岐にわたる家事は、仕事などと違い給与やタイムカードがないためどの程度やっているかというのが可視化されにくい面があります。せっかく家事を頑張ったのにやっていないと思われると、モチベーションもなかなか保ちにくいですよね。そこで予定していた家事に対してどの程度進んだかを見ることができるのが、目標達成度が確認できる機能です。その日に予定していた家事をどこまで進めることができたのか、一人ずつ見ることができるので今までどのくらいやっているか分かりにくかった家事も可視化することができます。
Androidにて正式版がリリースされた『Sumuzoo(スムズー)』ですが、2018年12月28日よりiOSでもエッセンス版のリリースが開始されているそう(一部機能は開発中)。家族で家事を共有したい方はもちろんのこと、一人暮らしで家事に対するモチベーションを保ちたいという方もぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

更なる機能を盛り込むためクラウドファンディングも開始


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040551.html
効率的に家事を分担していても、やはりすべての家事をこなすのはなかなか大変。そんなときに頼りたいのが、最近増加してきている家事代行サービスです。そこで『Sumuzoo(スムズー)』では、アプリ内に登録してある家事を実際に家事代行サービスに依頼するとどのくらいの金額になるか表示できる機能を実装するため、クラウドファンディングを実施中なのだそう。普段やっている家事にどのくらいの価値があるかをお金という単位で見ることができるので、家事を頑張るモチベーションにも繋がりますし、いざ休みたいときに家事代行サービスの金額がわかっていると頼みやすくなりますよね。普段家事をしていない方でも家事代行サービスに依頼するとどのくらいの金額になるのかわかると、家事をやってくれている方に対してより感謝の気持ちが持てるのではないでしょうか。

※クラウドファンディングの詳細はこちら


家事実施時間とコスト比較イメージ
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040551.html

さらなるパワーアップも期待大の『Smuzoo(スムズー)』。家事の分担でモメがちな家庭や一人暮らしで家事にモチベーションが上がらないという方、アプリで家事を手助けしてくれる『Smuzoo(スムズー)』を導入してみてはいかがでしょうか。

※本記事に記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

タグ TAG