住まいの今と未来をつたえる

ニュース&トピックス

忘年会帰りの混雑を回避できるドライブシェアアプリ『CREW(クルー)』

2018.12.28


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037257.html

12月~1月は忘年会や新年会で交通機関が混雑しますね。帰宅するのに一苦労ということも多いのではないでしょうか。家族が免許を持っている方は車で迎えに来てもらうこともできますが、一人暮らしの方や真夜中でご家族も起きていない状況ではそれもなかなか難しいところ。そんな時はドライブシェアアプリ『CREW(クルー)』を使えば、迎えに来てくれる人がいるかもしれません。「乗りたい人」と「乗せたい人」を繋げるモビリティプラットフォーム『CREW』をご紹介します。

 忘年会後に寝過ごしたことがある人は6割以上

会社の忘年会や仲間内での忘年会の帰りに、降りるはずの駅を乗り過ごしてしまったり、寝過ごしてしまったりという経験が一度はあるのではないでしょうか。佐藤製薬株式会社の調査によると、忘年会のあと、電車で乗り過ごしてしまったことのある人の割合は男性で70%、女性で50%以上なのだそう。楽しい忘年会の帰り道は乗り過ごしの危険が男女ともに高いようです。特に男性の方は70%を超える人が乗り過ごしの経験があるそうですので、終電まで余裕をもって帰りの電車に乗った方が良さそうですね。
さらに「最高でどのくらい乗り過ごしたか」の調査では、約40%の人が1~2駅で気づいた一方、約20%の人が終点まで乗り過ごしてしまったという結果に。終点までの距離にもよりますが、終点まで乗り過ごしてしまうと余計に時間がかかってしまったりと嫌なことずくめ。乗り過ごしを防止するために席が空いていても座らない、目的の駅に着くころにアラームをかけておくなど、乗り過ごしやすい忘年会帰りは乗り過ごし対策をしておいた方が良さそうです。

Q.忘年会などで飲みすぎてしまい、ご自身の降りる予定の駅を寝過ごしてしまったことはありますか?


Q.最高で何駅程度乗り過ごしましたか?


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000016185.html

ドライブシェアアプリ『CREW』とは?

 ドライブシェアアプリ『CREW』とは、自分の車に乗せたい「ドライバー」と車に乗りたい「ライダー」をマッチングしてくれるアプリなのだそう。ライダーは車に乗りたいときにアプリを起動し情報を入力して配車をリクエスト、リクエストを見たドライバーが出発点まで迎えに来て、目的地まで運転してくれるという簡単なシステムですが、乗った方は実費(ガソリン代)とシステム利用料を支払う他、任意で謝礼を支払うこともできるという点が魅力の一つです。謝礼の支払はあくまでもユーザーの任意で行われるもので、強制されるものではないとのこと。
ご近所同士でお互いに車で送迎しあう助け合いをヒントにアプリを開発したという『CREW』ですが、いったいどのように使うのでしょうか。

『CREW』の使い方

ライダーの場合


1.アプリを開いて目的地と出発地を指定。マッチングしたら近くにいるドライバーが迎えに来ます。


2.出発地で合流したら、ドライバーが目的地まで運転してくれます。車の中で行き先を伝える必要はありません。


3.目的地に到着したらアプリで支払いをして完了です。
引用元:https://crewcrew.jp/rider/

■ライダーが支払うお金
ライダーが支払うお金は下記の3種類があります。

実費
移動の際に実際にかかったガソリン代と高速代金の費用。

手数料
プラットフォーム手数料として、『CREW』に支払われる費用。

謝礼
ドライバーへの感謝の気持ちとして支払うお金。金額は任意で設定できます。(ドライバーから謝礼を要求することは禁止されているのだそう)      

実際に支払う金額が気になった方はホームページで実例を見ることができますので謝礼やトータルの金額の目安にすると良さそうです。
https://crewcrew.jp/rider/


■ドライバーの場合


1.アプリを開いて配車リクエストを受け付けられるようにします。


2.配車リクエストが来たら目的地やプロフィールなどライダーの情報を確認します。


3.ライダーと条件がマッチしたら、ナビに従ってライダーが待つ出発地点に行きます。


4.合流できたらナビに従って目的地へ行き、ライダーを降ろしたらドライブ終了です。
引用元:https://crewcrew.jp/driver/

■ドライバーを守るシステムも充実

・ライダーを評価するシステム
ライダーを乗せた後、ドライバーは乗ったライダーを評価するシステムになっているので他のドライバーの評価を見てそのライダーを乗せるかどうかを決めることができます。

・乗せたくない時は拒否も可能
乗車依頼があった際にライダーの情報を見て、極端に遠距離で行くのが難しい場合や低評価な場合に乗車を拒否することも可能です。

・お金を用意する必要がない
アプリの登録や利用にお金は一切必要なく、ドライバーへの支払いもアプリで完結するのでお釣りを用意する必要もありません。

今なら忘年会キャンペーン中!

 
引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000037257.html

着々とユーザーが増えている『CREW』ですが、忘年会シーズンの12月10日(月)~12月31日(月)まで、下記の忘年会キャンペーンを開催中だそう。

■キャンペーン内容
①新規ダウンロード者へCREWアプリ内で使える2,000分のクーポンプレゼント
②友達紹介で、CREWアプリ内で使える1,800円分クーポンプレゼント
③先着100名様に、期間中誰でも使える2,000円分クーポンプレゼント
クーポンコード:yearend2018(お一人様1回限り有効)

※①、②は一部のCREWアンバサダーは対象外となります。①のクーポンはDLの翌日に付与されます。

冬も深まり外でバスや電車を待つことが辛い季節になってきましたが、『CREW』ならアプリ一つで車に乗ることができるので、忘年会で遅くなってしまったときや残業した帰り道など有効に利用してみてはいかがでしょうか。

※本記事に記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。

タグ TAG