住まいの今と未来をつたえる

暮らし

圧倒的薄さ革命!LED照明「S-Slim(エススリム)」とは?

2018.07.04


照明といえばおしゃれな傘がついたかわいらしいデザインや、丸い覆いの付いたシンプルなデザインを想像される方が多いと思いますが、実際に照明の機能や美観を真剣に検討したことはありますか? 照明といってもただ点いているだけでOKなのではなく、照明一つ違うだけでも空間に違いが生まれるんです! そんな照明の中でも「薄さ」に革命をおこした、 のLED照明「S-Slim(エススリム)」を実際に見てきました。
※S-Slimは株式会社サンエーの商標登録商品となります。

照明の種類ご存知ですか?

前述したとおりサンエーの「S-Slim(エススリム)」は照明の中でも「LED照明」に分類されるものなのですが、そもそも普段使用している照明の違いをあなたはご存知でしょうか? 日常的に使用されている照明には主に4種類あり、「白熱ランプ」「蛍光ランプ」「HIDランプ」「LEDランプ」というように分類されます。これらは色だけでなく、その構造や特徴もさまざま、場面に合わせた使い分けがキーポイントとなります。

ご存知エジソンの発明品「白熱灯」


昔から家の照明として使用されているのがこちらの白熱灯。みなさんご存じエジソンの発明品で、ガラスの中にアルゴンガスを入れ、フィラメントというコイル状の部分に電流を流すことで発光させる仕組みになっています。価格が安価なこととモノの見え方に影響を与えにくいことから今でも使用されていますが、寿命が短いためLEDへ移行されているランプでもあります。短期間使用したい箇所や数がたくさんほしい時には向いていると言えそうです。


オフィスなどでよく見かける蛍光灯


白熱灯の次に誕生したのが丸型の照明や学校、オフィスなどでよく利用されている蛍光灯です。蛍光管の内側に蛍光物質が塗ってあり、フィラメントから生じた電子を中の水銀と反応させて紫外線を発生させることによって発光させる仕組みです。直線状のものや丸形のものなどが一般的で、白熱灯よりも寿命が長いことが特徴です。比較的安価で広い範囲を照らすのに向いているので、汎用性が高くさまざまな場所で利用することができます。


パワーが特長のHIDライト


あまり聞き馴染みがないかもしれませんがHID(高輝度放電ランプ)という照明もあります。こちらは野球スタジアムや体育館などで使用されており、点くまでに時間がかかってしまうというデメリットもありますが広い場所を照らすことできるパワーを持っています。体育館でなじみのある方は「水銀ランプ」と覚えているかもしれませんが、HIDは高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプの総称なんです。


時代の最先端LEDライト


近年急激に増加していっているのがこちらのLED(発光ダイオード)ライト。省エネで長持ちするということで電球を交換するのが大変な場所をはじめ、多くの場所で採用されています。最近はLEDの信号機も増加しているので身近に感じる方も多いのではないでしょうか。他の照明と比べると多少高価なのが玉にキズですが、照明を取り換える手間やコストと比べると優秀であることは間違いないでしょう。

薄さだけじゃない有能さ!「S-Slim(エススリム)」はここがすごかった

照明は種類によって特性や使用シーンが異なるのはご理解いただけたかと思いますが、「S-Slim(エススリム)」はそんな照明の中でもLEDライトに分類されるものになります。通常のLEDライトでももちろんメリットはたくさんありますが、「S-Slim(エススリム)」のすごさはそれ以上なんです。

蛍光灯よりも薄い超薄型


まずご紹介したいのは名前に「スリム」と入るだけあって、その圧倒的な薄さ。その厚みはなんと14.7㎜で蛍光灯本体よりも薄いという驚きの薄さです。実際に見てみても他の照明よりも圧倒的に薄く、実際に見たのは大きなタイプのS-Slimだったのですがまったく圧迫感がありません。ここまで薄ければ天井もより高く広々と見えますし、シンプルでインテリアを選ばず使えそうですね。


故障しにくい電源内蔵型


こちらの画像は「S-Slim」のホームページより

14.7㎜という驚異の薄さを誇る「S-Slim(エススリム)」ですが、この薄さの中に一般的には外に付いている電源部分が入っているというからまた驚きです。この電源が中に入っているデザインですが、薄さというデザイン面だけではなく、安定器という付属パーツが不要な上にさらに壊れにくい(理論上は故障要因がない!)というのもメリットのひとつ。付属パーツの必要がない分設置も簡単で、本体の厚みだけでなく接地面の厚みまで薄くできるのでいいことづくめですね。


LEDなので省エネ&明るい


こちらの画像はS-Slimのホームページより

そしてLEDライトといえばその省エネなところも注目ポイントのひとつでした。「S-Slim(エススリム)」ももちろん長寿命&省エネ、消費電力が一般的なもので29.5Wと蛍光灯の79Wと比べると60%以上も消費電力を抑えることができます。さらにその明るさは蛍光灯よりも明るく、LED照明でもたまに起こることがあるフリッカー(照明の点滅)も発生しないので、本当にメンテナンスフリーな照明なんです。

オフィスやシンプルインテリアに持ってこいの「S-Slim」

さまざまな照明ごとの特性と一緒にご紹介した「S-Slim(エススリム)」いかがでしたでしょうか。蛍光灯の代わりにオフィスを「S-Slim(エススリム)」に変えてしまえば、煩わしい蛍光灯の交換から10年以上解放されると思うととても魅力的と感じてもらえるのではないでしょうか。
サイズ展開も数種類から選べるので、オフィスやスッキリとしたインテリアが施された空間に合うのはもちろんのこと、家庭用の照明としてもシンプルで相性がいいかもしれません。LED化が進んでいる照明業界ですが、その中でも頭一つ抜き出たスマートさをもった「 S-Slim(エススリム)」をご自宅にも導入してみませんか?

取材協力

株式会社サンエー
https://sanei-e.com/

S-Slim特設サイト
http://sanei-e.com/S-Slim/

タグ TAG