住まいの今と未来をつたえる

リフォーム

ハンガーをかける「パイプ」にこだわると日常がこんなにかっこ良くなる。IRON&WOOD-furnitureのHANGER PIPEに注目

2018.06.06

あれ?なんかこの空間かっこ良いな。と感じたので足をとめてみた。なんでかっこ良いのだろうかと気になったので空間を見渡してみたとき、すぐには原因がわからなかった。なぜなら“ハンガーパイプ”がこの空間をつくりだしているとは思ってもいなかったからだ。もちろんインテリア自体もかっこ良い。しかし、その魅力を増大させているのはこの“ハンガーパイプ”に違いない。そんな日常をかっこ良くするハンガー、IRON&WOOD-furnitureさんの「HANGER PIPE」をご紹介します。
※HANGER PIPEはIRON&WOOD-furnitureの商標登録商品です。

ミリ単位までこだわる。だから空間がかっこ良くなる。

足をとめたその空間(2018年5月24~25日にて開催された住宅ビジネスフェア内の展示ブース)にはIRON&WOOD-furnitureの代表である中川義健さんがいらっしゃったので早速声を掛けさせてもらい、「HANGER PIPE」についていろいろとお話しを聞かせてもらいました。「HANGER PIPE」は2017年9月~販売をスタートした商品で、アイアンパイプと自社製品で精密な加工が施された鋳鉄エルボ(継ぎ手部品)の組み合わせであなたらしい、こだわりのある空間を演出できるハンガーパイプとのこと。お話しを聞いてみて、その特長は次の5つであると感じました。

1.6つのバリエーションから自由に選べる、組み合わせられる

※画像はインスタグラムiron_wood_furnitureより引用 https://www.instagram.com/iron_wood_furniture/
上から順番に、(type-1)ストレート型(type-2)T型(type-3)コ型(type-4)E型(type-5)L型(type-6)F型の6パターンが用意されています。また、パイプを取り付ける「足」を必要としないつくりとなっており、壁に直接設置できることから設置場所に囚われずに空間を演出することが可能となっています。

2.設置する素材によって表情が変化する2色から選択可能

※画像はインスタグラムiron_wood_furnitureより引用 https://www.instagram.com/iron_wood_furniture/
カラーは白と黒の2色が用意されています。「HANGER PIPE」&木材という組み合わせ次第では、真っ白で海を感じさせるような爽やかな仕上がりから、黒く重厚感を感じられるインダストリアルな仕上がりまで、あなた次第で多様なバリュエーションを生み出すことが可能となりそうです。

3.好みの長さをミリ単位で調整、オーダーができる
※画像はインスタグラムiron_wood_furnitureより引用 https://www.instagram.com/iron_wood_furniture/
縦方向、横方向、それぞれ「1ミリ単位」で調整してもらえます。縦方向については100mm(10cm)の商品と1,000mm(1m)までの商品の2種類の用意となっています。100mm~1,000mmまでは本当に1ミリ単位で加工をしてくれるそうです!横方向についてももちろん1ミリ単位で調整をしてくれることに加え、エルボを連結することで何メートルでも製作が可能になるとのこと!

4.簡単に設置ができる
「HANGER PIPE」は自社工場でオーダーされた長さピッタリで仕上げてくれるだけでなく、バリ取り(材料を切ったり削ったりした際に材料の角にできる出っ張り)もばっちりキレイに仕上げてくれるのがおすすめポイント。バリ取りがキレイな状態なので、場所も人も汚れることなく設置作業が可能です。しかもボルトで留めるだけなのでどなたでも簡単に設置が可能!

5.エイジングでオンリーワンのハンガーに
鋳鉄(炭素を2%以上含む鉄合金。鉄の炭素量は0.02%未満。炭素量が多いほど硬い。)でつくられた「HANGER PIPE」はもちろん丈夫な素材です。丈夫であれば長持ちすることはもちろん、子どもや愛犬・愛猫たちが傷をつけてしまったとしても“いい味”として楽しめそうです。エイジングを楽しめるハンガーパイプ……こんな商品これまでありましたか

お話しをお聞きして特にこだわりを感じたのが「ミリ単位でオーダーにお応えしている」部分です。お客さまが創り出したい空間を実現させるためにミリ単位で仕上げる。だからこそ空間がキマる。その部分へのこだわりが中川さんからはヒシヒシと伝わってきました。これまで1,000件以上のお客様へ納品していて、設置予定スペースにピタッとはまらないよ!と連絡をもらったのは1-2件程度で、原因はお客様からのオーダー(測定)ミスだったとのこと。お客様からの要望に完璧に応えているということですね(笑)
中川さん自体は見た目も表情も柔らかい雰囲気をお持ちの方で「職人」さんっぽく感じないのですが、毎日自ら直接製造に携わっています。この方が「HANGER PIPE」の生みの親です!と中川さんのお顔も紹介させてもらおうと思ったのですが、顔出しは恥ずかしいとのことで残念ながらNG。そのため、お願いをしてフランジを持った手だけ撮影させてもらいました。自らの商品への愛を感じる手ですね。

HANGAER PEPEでこれまでにないハンガー空間を

ホームセンター等でよくみかける一般的なハンガーラックと異なり、「HANGER PIPE」は足を必要としないため、壁や柱に直接設置することが可能です。反対に、「HANGER PIPE」だけを組み合わせてハンガーラックをつくることもできます。設置方法や場所、組み合わせによってさまざまな空間を創ることが可能です。

・人気商品はこちら
特にオーダーが多い3パターンも教えていただきました。
1番人気は(type-3)コ型とのこと。その可愛らしいフォルムと天井にも壁にも設置できる使い勝手のよい形状が人気ありそうですね。2番人気は(type-4)E型でした。アパレルショップなどで見かけたらカッコ良い~となりそうですよね。使い方次第で空間に多様な表情が生まれそうです。3番人気は(type-5)L型。これまでであれば設置できないデッドゾーンとなっていた方壁部分での空間創りに活躍しそうですね。いろんなパターンを組み合わせればさらに空間の表情がひろがりそうです。

こんな使い方!こんな場所にも!

「HANGER PIPE」は使い方・組み合わせによってさまざまな空間を創り出すことができます。クローゼットやリビングで洋服をかけるだけではなく、キッチンエリアでの活用も見込めそうです。洋服をハンガーでかけるのではなく、S字フックをつかって調理器具を飾るだけでキッチンエリアがグッとおしゃれになりそうです。ブースではターンバックルと板材を組み合わせることで棚としての機能も加え、さらにかっこ良い演出にも試されていました。

もちろんリビングやダイニングでの応用シーンもあります。「HANGER PIPE」とエルボの組み合わせでおしゃれな棚をつくることができます。“かっこ良くみせる棚”としての機能はもちろん、シンプルな見た目と素材が放つ存在感で“棚自体がかっこ良い!”と思ってもらえそうです。使われる方の発想次第でまだまだバリュエーションが増えそうですね。


※階段、手すり、柵、天井から吊り下げる等、ケガや人命に関わる構造物としての使用は絶対にしないでください。経年や、使用などの振動によってネジの緩みが生じた際、事故の原因となります。

HANGER PIPEであなたはどんな空間をつくる?


今回、「HANGER PIPE」をイベント会場内のブースで拝見したのですが、見れば見るほど、話を聞けば聞くほど、お部屋の一つのアクセントとして効果を発揮してくれそうだなと感じた以上に、建物全体に使用することで建物自体の魅力を抜群に引き上げてくれそうだなと感じる商品でした。マイルームのリフォームから店舗・アパート・ビルなど一棟まるごとリノベーションまで、さらに、ハンガーパイプとしても、棚としても、調理器具をはじめとした独自の活用方法まで、あなた次第で幅広く活用できる商品だと思います。「HANGER PIPE」があることで何気ない日常の生活空間がかっこ良い生活空間となる……空間創りに関心がある方は一度実物をチェックしてみることをオススメします!

「HANGER PIPE」が気になった方はIRON&WOOD furnitureさんのHP等で詳細をご確認ください!

IRON&WOOD furniture〒529-1631 滋賀県蒲生郡日野町鎌掛2312
HP:http://www.iron-wood.co/
MAIL:mail@iron-wood.co
TEL&FAX:0748-43-1890

タグ TAG