住まいの今と未来をつたえる

特集

月単位で“借りるトランクルーム”ではなく、1日単位で“使いこなす「Day倉庫」”がとっても便利!

2018.06.04

ここ最近、街ナカで急に目にする機会が増えたものの一つがトランクルーム。おしゃれなビルの1フロアであったり、駐車場スペースだった場所にコンテナが置かれていたりと、様々な場所で展開されておりその需要の大きさが感じられます。トランクルームといえば“一定期間(多くは月単位)荷物を置くスペースを借りる”というイメージですが、今回ご紹介する月島倉庫さんの「Day倉庫」は“預けたい日数(1日~可!)だけ預けることができる&預ける荷物(1個~可!)によって料金が変わる”というこれまでにない新しいシステムとなっていますので詳しいお話を聞いてきました!

そもそもの問題となってしまうのですが、広~いお家に住んでいれば必要がなさそうなトランクルーム。なぜここまで多くのトランクルームサービスが提供されているのか想像してみると……やっぱり、お家が狭いので荷物を置く場所がない!というお悩みを抱えている方がそれだけたくさんいるということですよね。少し想像を膨らませてみますと、スノーボードやBBQグッズなど頻繁に使うものではないけどレンタルではなく自己所有しておきたいものなどの置き場所としての需要がありますよね。さらに想像を膨らませてみると、趣味やコレクションしているものを“大切に保管しておきたい”という需要も実はけっこう大きいのではないかと思っています。

そんなお悩みや需要に対して、利用者にとっても嬉しいシステムで解決してくれているのが月島倉庫さんの「Day倉庫」です。2018年5月24日(木)~25日(金)にかけて東京ビッグサイトで行われた住宅ビジネスフェア2018で月島倉庫さんのブースが出展されていましたので来場者が来る前のブースで社員さんにいろいろと教えてもらってきました。「Day倉庫」は4つのプランから自分好みのプランを選択して活用できるとのことですので、さっそく4つのプランを紹介していきます。

※「Day倉庫」は月島倉庫株式会社の商標登録サービスです。
※トップ画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/

1.Day倉庫の真骨頂がコレ!通常保管プラン


※画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/

通常保管プランの最大の特長は、
荷物は1個だけでも、保管期間は1日だけでも預けることが可能!
ということです。さらに保管期間の延長や短縮も1日単位で可能とのこと。期間だけでなく預ける荷物の追加や預けた荷物の引き出し(引き取り)も1個単位で対応してくれるとのこと。保管料についても1日単位での計算になっていて、一般的な月額料金での利用とは異なり使った分(預けた期間分)だけの支払いとなります。これって今まであるようでなかった、とっても安心して使えるプランですよね!

基本料金の計算式は次のとおりとてもシンプル。
基本料金=(①Day倉庫サイズ別に決められた荷物の単価×②預ける荷物の個数×③荷物の保管日数)+④荷物の預け入れと引き出す際の作業料
②③はすぐイメージできると思いますが、①と④についてもう少し細かく紹介しますね。

※下側の画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/prices/list.html

①は荷物や箱の3辺サイズ(縦+横+高さ:cm)と重量(kg)ごとに決められている単価があります。例えば、縦横高さの合計が120cm以内且つ重量が20kg以内の箱を1個預ける場合は……1日11円(税込)で預けることができます。や、安い!!
料金シミュレーションも簡単にできるサイトが用意されているので、段ボールを2個と電子レンジ1個と空気清浄機1個を預けるとしたらいくらになるの?なんて計算もスマホ・PCでさくさくっと調べることができちゃいます。
※画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/prices/list.html

上記の画像でも示されているとおり、④の荷物の預け入れ・引き出しのための作業料が発生します。それぞれ“その荷物の1日の保管料”が作業料となります。例えば、11円/日の段ボール1個と21円/日の空気清浄機1個を預ける場合は、預ける際には作業料として32円、引き出す際にも作業料として32円が発生します。1日あたりの保管料が作業料と一旦覚えてしまえばとってもわかりやすい料金システムですよね。
預けたい荷物を預けたい個数だけ、預けたい日数だけ預けられるという通常保管プラン。不必要に大きなスペースを借りることなく、必要な荷物の分だけ保管料を払えばよいという利用者の細かいニーズに応えてくれる「Day倉庫」はこれまでのトランクルームの進化系とも言えるサービスではないでしょうか。

2.ある程度ボリュームがある場合はコレ!定額保管プラン

※画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/services/storage.html

2つ目のプランは、こちらもありそうでなかったサービスだと思うのですが「DSカーゴ(上記写真左)」または「DSボックス(同右)」に荷物を詰められるだけ詰め放題をしてもらい、そのまま預けられる定額プランです。それぞれの特長は次のとおりです。

DSカーゴ
・独立した大型のカーゴ車となっており、重量300kgまで荷物が詰め放題!
・内寸サイズは縦73cm×横104cm×高さ143cm(最大高180cm)と約1.4㎥の大容量!
・カーゴ車は扉とネット付きで預けたお客さま以外は開けられないロック方式で安心!
未梱包の荷物でもカーゴにまとめて入れてしまえばそれでOKってとっても便利な気がする!わざわざ段ボールとテープを用意しなくても家にある大きなバッグや袋などに詰めてそのままカーゴに入れるだけでOKってことですもんね。
気になる保管料は30日間で5,200円(税込)。預け入れる初日に5,200円(税込)が発生し、31日目以降は15日ごとに2,600円(税込)が発生します。荷物の預け入れや引き出しの際にかかる作業料は1カーゴ1回につき210円(税込)。その他、カーゴに荷物を詰めたり引き出すための作業スペース利用料として1カーゴ1時間まで1回310円(税込)が発生します。

DSボックス
・集荷※や配送が可能なミニ・トランクボックス!
 ※空ボックスの事前配送や返却時の集荷は無料です!
・内寸サイズは縦38cm×横70cm×高さ44cmで最大容量115リットル。重量50kgまで詰め放題!
・プラスチック製のボックスで、フタ付、ロック式となっていて安心!
細かい荷物をバッグや袋に入れるのが面倒……そんな時もこのボックスであればどんどん詰め込んでしまえば大丈夫です。クリスマスツリー飾りや季節ごとの小物飾りなど、DSボックスであれば入れるだけで保管できちゃいますね。
保管料は30日間で1,300円(税込)。こちらも預け入れる初日に1,300円(税込)が発生しますが、更新についてはDSカーゴと異なり30日間ごとの料金発生となります。

定額保管プランのその他詳細についてはこちらからご確認ください。
いろいろ預けたいものがあるけど、トランクルーム1室を借りるほどの量ではない……そんなシーンではこちらの定額保管プランがオススメとなりそうです。

3.衣類や靴などを預けるならコレ!無酸素保管プラン

3つ目は無酸素保管プラン。シーズンオフの衣類や布団等を片付ける際にご家庭で活躍しているのをよくみかけるのが圧縮袋ですが、圧縮して片付けているので袋から出した際に質感が変わってしまっていたり、衣替えで片付けていた衣類を出してみたら虫食いやカビが発生していたという経験も意外と多くの方が経験されているようです。そんな不安や心配を取り除いてくれるのがこの「無酸素保管プラン」。防虫・防カビに優れた無酸素加工付で預かってくれるDay倉庫独自の保管サービスです。衣類や寝具のみだけでなく無酸素保管してもらえると嬉しいものがブーツや革靴ですよね。靴保管専用のボックスも用意されており、最大12足収納ができます。間仕切りを変えることでブーツも収納できるようになるのもポイントです。
無酸素保管プランの基本料金は次の通りです。基本料金=保管料金(保管料日額×預ける日数)+作業料(預け入れ・引き出し)+販売制専用梱包材料となります。※靴保管専用ボックスの販売はしておりません。専用袋または専用カバー以外での無酸素保管プランはご利用できません。
無酸素保管プランの詳細は各画像またはサイトをご確認ください。衣替えってどうすれば良いのだろうとお悩みの方にはおすすめプランやお問合せ先が掲載されているページもありますよ。

※各画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/services/storage.html

4.まるでミニワインセラー!ワイン保管プラン

4つ目のプランはワイン保管プランです。ただ保管をするのではなく、温度や湿度までしっかり管理された場所で保管したいものといえばワインですよね。ワインがお好きであればあるほど保管方法にはこだわりたいもの。しかしご自宅にワインセラーを置く余裕はないなぁという時にぜひ活用したいのがこちらのワイン保管プランです。Day倉庫ではワインは生き物であると考え、ワイン保管に適した定温・定湿の設備を用意してくれています。特別な思い出のあるワインや特別な日のために大切に保管しておきたいワインなどにピッタリなサービスですね。

※画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/services/storage.html

保管も運送もワイン専用の仕組みが用意されています。専用の箱には最大4本のワインが収納可能。運送はオプション料金となってしまいますが、専用の定温ボックスにいれた状態で運送してくれるため運送中の品質低下を防いでくれます。ワイン保管プランの詳細はこちらのページからも確認できます。
これからワインを趣味にしよう!という方もワインの保管や保存のための基礎知識を教えてくれているページもありますのでチェックしてみてください。ワインの保管には「温度14℃前後・湿度65%」「光を避けた暗い場所」「振動を避けられる場所」「外部の匂いを防げる場所」が大切なようですよ!あなたの大切なワインを預かってくれるワイン保管プランの料金は次のとおりです。

※各画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/services/storage.html

Day倉庫はこんなシーンでも活躍

※画像は提供素材より引用

「Day倉庫」の4つのプランをご紹介しましたが、実際にこんなシーンで使ったら便利なのでは?!という事例もご紹介したいと思います。社員さんのお話を聞いてみてなるほど!と思ったのが次のようなシーンです。

・手ぶらでゴルフ場に行って楽しめる!
ゴルフバックの宅配・郵送サービスを利用する方は多いと思いますが、伝票を書く手間だったり引き取り時は在宅の必要があったりとちょっと面倒なこともありますよね。Day倉庫では倉庫からゴルフ場まで直接配送するサービスを利用することもできるため(ゴルフ場からDay倉庫に戻す際はお客さま自身での手配は必要)、身軽な状態でプレーを楽しむことができます。

・急な来客時の荷物緊急避難場所として!
田舎の両親が急に上京してくるため1週間だけ部屋のスペースを確保したい……そんな時こそDay倉庫がぴったり!予定より長く滞在することになったり、反対に短期間で帰ってしまった場合でも1日単位での日割り計算をしてくれるDay倉庫なら安心。使った分だけの支払いが可能です。

・自宅のリフォーム期間中だけ一時的に預かって欲しいときにも!
お部屋をリフォームしたりリノベーションをする際に問題になるのが工事期間中の荷物の置き場所ですが、もちろんDay倉庫が活躍してくれそうですよね。大きな家具から小さな荷物までサイズに関わらず預かってくれるので安心です。リフォームだけでなく、引越準備期間などでも活躍しそうですよね。

「Day倉庫」は街で見かけるコンテナ型のトランクルームとは異なり、倉庫外での保管は一切していないとのこと。温度・湿度も徹底管理してくれているので、きちんと手入れした状態でモノを預ければモノ自体も長持ちさせることができそうです。

Day倉庫へのアクセス

 
※各画像はDay倉庫サイトより引用 https://www.day-soko.gr.jp/access/index.html

サービス内容やシステムについてはご理解いただけたと思いますが、そうなってくると気になるのが「Day倉庫」ってどこにあるの?という部分ですよね。「Day倉庫」は辰巳エリアにあります。住所は東京都江東区辰巳3-12-16.車で向かう場合は首都高速湾岸線新木場ICから約2分で到着できる場所です。電車で移動される方は東京メトロ有楽町線の辰巳駅から徒歩15分程度または東京メトロ有楽町線・JR京葉線・東京臨海高速鉄道りんかい線の新木場駅から徒歩10分程度で到着できます。
営業はもちろん平日のみでなく土日祝もしています。平日は09:00~19:30(搬出入は19:00まで)、土日祝は09:00~17:00(搬出入は16:00まで)となっています。ゴールデンウイーク、年末年始や臨時休業時はお休みとなりますのでご注意ください。

進化したトランクルームの活用方法はあなた次第


「Day倉庫」は保管環境へのこだわりとお客さまの利便性を徹底的に考えられたサービスで、これまでのトランクルームとは一線を画した進化系トランクルームであったということをお話を聞いてみて感じました。昨今ではシェアリングサービスが流行っていますが、シェアやレンタルではなく自己所有でモノを持ちたい!という方もまだまだ大勢います。そのような方にとっては安心して預けられる環境が整っていることはとても魅力的ですよね。そして何といっても荷物を1個から、1日から保管してくれるサービスというのは大きな武器になっていると思います。料金体系も荷物ごとにまとめられているので“こんな広いトランクルームでなくともよかった……または、せっかり借りたけどもう少し広い場所を借りればよかった……”なんてことにならずに済みますよね。さらにゴルフの事例のように「Day倉庫」に預けているからこそ手ぶらであちこちに楽しめにいけるというのも利用者にとってとっても嬉しいオプションです。
筆者が特にオススメしたい方は一等地エリアの駅近くにお住まいの方です。特に賃貸の方であれば収納スペースにお悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか。趣味をとことん楽しみたい(マイグッズなどをコレクションしていきたい)けど、日常生活もゆったりとしたスペースで快適に過ごしたいという方にはぜひ一回検討してみてほしいサービスです。

<法人の方にはこちらもオススメ>
「Day倉庫」は主に個人さま利用を想定されているとのことですが、月島倉庫さんでは法人向けのサービスも展開されています。2018年7月からは「シェア倉庫」サービスがスタートするとのこと。概要は次のとおりです。

「Day倉庫」や「シェア倉庫」に興味を持たれた方はぜひご検討してみてください!

<月島倉庫さんへのお問合せ先はこちら>
・Day倉庫にご関心がある方はDay倉庫サポートセンターへ
 TEL 0120-53-3553
・シェア倉庫にご関心がある方はシェア倉庫課へ
 TEL 0120-65-8551
・月島倉庫株式会社HP
http://www.tsukiso.co.jp/

タグ TAG